オペレーション7

オペレーション7は戦場の臨場感と「音」の効果が秀逸なFPSです。 リアル系と呼ばれるこのFPSでは、射撃が難しい代わりに当たりさえすればすぐ倒せるという特徴があるので、 スポーツ系のようにゲーム性を重視した非現実ではない現実的な緊張感が魅力です。

公式サイト: オペレーション7(サービス終了)
オペレーション7ってどんなの?
既存のFPSに比べて現実味が強くリアリティに優れたFPSです。 通常射撃では集弾が安定しないので、交戦する時はドットサイトやアイアンサイトと呼ばれる銃器についた照準器や、 スナイパーライフルのスコープ等を使っての銃撃戦が主になります。 また、スナイパーは呼吸による「手ぶれ」によって照準の揺れがあるので、 「息止め」で固定させないと安定した狙撃が難しくなるなど、 通常FPSにありがちなスナイパーオンラインとは違う銃撃戦メインを好む人にお勧めです。



リアル系? スポーツ系? タイプの違いとは
オペレーション7はこれまでに発表されてきたFPSのようにスポーツ系に近いタイプとは違い、 現実的であることに重点を置かれたリアル系とよばれるものになります。 主な特徴として、異常に高いジャンプや延々と走り続けるなどの行動が不可能になっていたり、 移動しながらの射撃が非常に当たりにくく設定されています。 その他にも爆風に晒されると目眩をおこしたり、フラッシュを近距離で浴びてしまうと 視野が閉ざされてしまう時間も長めになっています。



銃器にだってこだわりを! カスタマイズが豊富
Weapon Assemble System(W.A.S)により銃器のカスタマイズが豊富に行えます。 同じ系統の銃器が数種類あるだけでなく、能力の異なるパーツを6箇所に取り付けることができるようになるこのシステムでは、 銃の緻密な性能を設定したりARにスコープを装着するなどのこだわりのカスタムが可能です。



服装だって好きなものが着れる!
アバターシステムを採用しているため体のパーツごとに服装を交換することが可能。 枯れ草が生え揃う荒野ではカモフラージュ効果のある迷彩服を装備させたり、 軍服を周りの景色に馴染むように陣取るスキルが重要なのはオペレーション7の大きな特徴。 時にはカジュアルなファッションでギャングのような格好で戦えるのもこのゲームならではの醍醐味です。

■ジャンル:FPS
■基本料金:無料(アイテム課金)
■運営会社:エムゲームジャパン:
公式サイト: オペレーション7(サービス終了)
(C) 2005 MGAME JAPAN Corp.

これから始める人にアドバイスしてね

このジャンルのおすすめ

今がオススメのネットゲーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ